名古屋発祥の珈琲チェーン店コメダ珈琲に行ってみた。実食レポ。

(この記事には広告を含みます)

 

先日、休日にモーニングが食べたくなり、有名珈琲チェーンのコメダ珈琲に行ってきました。

名古屋発祥の珈琲チェーンということもあり、どんなモーニングが出るのか気になりますよね(^^)/

またコーヒーチケットや軽食はどんなものがあるのかを紹介します。

 

 

 

コメダ珈琲のモーニングの内容は。何時までやっている?

コメダ珈琲のモーニング内容

コメダ珈琲のモーニングの内容はパン(”トースト”か”ローブパン”*1)とサイド(”ゆで卵”か”たまごペースト”か”小倉あん”)そしてパンに塗るもの(”バターかマーガリン”か”いちごジャム”か”期間限定のジャムなど”)が付いてきて、価格はドリンクを頼んでいれば無料です。

コメダのモーニング内容例。写真は二人分。ドリンク代のみでモーニングは無料

モーニングの内容的には一般的な喫茶店でイメージするモーニングと同じではないでしょうか。

コメダのモーニングはトーストがふんわりしてて美味しいですし、珈琲も美味しいのですが、如何せんボリュームが少し物足りないのと野菜が全くないです。

足りない場合は朝のサイトメニューなどを頼んでもいいかもしれませんね。ちなみにミスリオ自身は足りないときはポテトバスケットを注文しています。

コメダのモーニングは11時まで

コメダのモーニングでありがたいのは11時まで受け付けてくれること。

モーニングの締め切りが10時30分という喫茶店が多いので、朝子供の授乳などで時間が取られたときでもコメダなら間に合うことがあったりして嬉しかったりします。

 

コメダ珈琲のコーヒーチケットは各店舗によって価格が違う。他店でも使用可?

先にまとめて料金を払ってチケットを買って、そのチケットを使ってコーヒーを注文すれば割安の料金でコーヒーが飲めるコーヒーチケットですが、もちろんコメダにもあります。

ただこのコーヒーチケットですが店舗によって価格が違います。

「全国チェーンなのに何故?価格が安い店で買って高い店で飲めちゃうじゃん」と思いますが、コーヒーチケットを買ったお店でしか使えないことになってます。

コメダのコーヒーチケットを人に譲ったりするときにこのことを知らないと使い道の薄いチケットを渡すことになってしまうので注意です。

有効期限はないのでその店舗が存在する限りはいつかは使えるのですが(-_-;)

コメダの軽食はサンドイッチやハンバーガーなどパンを使ったものが多い。軽食のボリュームは多め。

コメダ珈琲の名物と言えばシロノワール。期間限定のフレーバーも定期的に出てきて飽きがこない。

コメダ珈琲のスイーツと言えばシロノワール。温かいパン生地と冷たいソフトクリームを一緒にしたスイーツで、夏でも冬でも楽しめます。

ちなみにカロリーは933キロカロリ-あるカロリー爆弾な商品で、価格は手遠保によって違ってだいたい700円前後です。

このシロノワールは期間限定でよくいろんな他社商品とコラボをするので、たまに確認して気になるフレーバーがあれば食べてみてはいかかでしょうか。

左から ゴディバコラボ、苺カスタード、プリンノワール、お芋ノワール、リンゴノワール

シロノワール以外の軽食

カツパン

味噌カツやエビカツをサンドしたカツパンがあります。写真はみそカツパンです。

結構ボリュームがあります。写真では三枚切になってますが四枚切にお願いすることもできます。

価格は店舗により違いますが大体950円前後です。*2

スパゲッティ

モーニングやシロノワール、軽食でもパンを使うコメダでは珍しい軽食です。

スパゲッティも美味しいですし、サラダ用のドレッシングも美味しいですよ。

価格は店舗によって違いますが、1020円前後です。ちょっと高く感じるかな(-_-;)

ボリュームに関しては一つのお更にスパゲッティとパンとサラダが載っている関係で一つ一つのボリュームは少しすくなめで、全部ひとまとめで考えてちょうどいいくらいです。

最後に

今回は名古屋発祥の珈琲チェーンコメダ珈琲について紹介しました。

コーヒー、モーニングは美味しいですし、シロノワールを始めとした軽食も結構なボリュームがあるのでランチにもおすすめですよ(*^-^*)

それでは、またよろしくお願いいたします。

 

*1:ローブパンは数量制限があります

*2:2024年1月現在